FC2ブログ

DMゼロを目指して!G.シェパード

G.シェパードのDM(変性性脊髄症)を撲滅したいと願う一般愛犬家のHP『DMゼロを目指して』の活動を紹介するブログです!

DMの診断マーカー

DMの研究においては、世界的に一番進んでいるのがアメリカのミズーリ大学です。
このミズーリ大学で、先日DMに関する最新の情報が掲載されていましたのでリンクをします。

ミズーリ大学 DM最新情報

日本語訳です。

◆ヒトのALSに相当する犬の変性性脊髄症の診断マーカーが確立される◆

2009年、アメリカのミズーリ大学、ハーバード大学、マサチューセッツ工科大学は、犬の変性性脊髄症(DM)はヒトの難病である筋萎縮性側索硬化症(ALS)と同一の遺伝子(SOD1)が変異していることが原因であることを発見した。
そこで、ミズーリ大学はALSの診断マーカーであるリン酸ニューロフィラメントH(Phosphorylated Neurofilament H、pNF-H)が、犬のDMの診断にも有用であるかについて研究を行った。
結果、血液中のpNF-HとDMの関連性は認められなかったものの、「脊髄液中」のpNF-HはDMの診断マーカーとして有用であることが判明した。
犬のDMは椎間板ヘルニアと誤診される場合があり、呼吸停止を起こすまで病状が進行すると亡くなってしまう。
誤診を減らし、DMを早期診断するために、脊髄液中pNF-Hによる診断法が臨床応用されることに期待したい。

訳者:武井昭紘(タケイ アキヒロ)  獣医師


スポンサーサイト

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

gsdlovers

Author:gsdlovers
G.シェパードのDM(変性性脊髄症)を撲滅したいと願う一般愛犬家のHP『DMゼロを目指して』の活動を紹介するブログです!

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (3)
更新履歴 (18)
遺伝疾患について (2)
スタッフのひとり言 (2)
遺伝子検査情報 (4)
DMの最新情報 (1)
セミナー (2)
お知らせ (1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

FC2Ad

Template by たけやん