FC2ブログ

DMゼロを目指して!G.シェパード

G.シェパードのDM(変性性脊髄症)を撲滅したいと願う一般愛犬家のHP『DMゼロを目指して』の活動を紹介するブログです!

遺伝セミナーとミーティング

先日、吉祥寺で開催されました犬の遺伝セミナーにDMゼロのメンバー4名で参加してきました。
3時間半と言う時間でしたが、時間が足りないくらい盛りだくさんの内容でした。

セミナーには熱心な一般愛犬家の皆さまの他、意識の高いブリーダーさんや獣医さん、
私達以外のシェパード関係者もお見えになられ、関心の高さを窺い知る事が出来ました。

セミナー後はメンバー全員が集まり新年会を兼ねたミーティングを行い、またこの1年頑張って行こうと誓いました。



20180112_070112.jpg


スポンサーサイト

スタッフ猫二のひとり言

遺伝の病気っていうと、あんまりいいイメージが無いようですが、わたしにしてみれば、遺伝子検査で組合わせさえ考えれば防げる病気のほうが、怖くないと思うんですけどね。

たとえ陽性だったとしても、相手にノーマルの子を選べば、子犬は全てキャリアが生まれてきます。

キャリアだった場合も、相手がノーマルを選ばなくてはいけませんが、その子供はキャリアかノーマルしか生まれてきません。

それだけの事なんですけどね。

シェパにはいっぱいいろんな病気があります。これは何十年も犬種を固定する為に、やむを得ない事なんです。子犬を迎える時は、シェパード特有の病気が出るかもしれないという覚悟は必ず持っているものです。

でも、DMはいまのところ遺伝子検査で防ぐ事ができる珍しい病気です。なら、防いでほしいですよね!

わたしは年齢的にも、多分いまのチビで最後のシェパードになるとおもいます。(前の子の時もそんな事言ってましたが。。。)

わたしにとってシェパード犬は、わたしが幼稚園のときに初めて犬の図鑑を買ってもらい、うちには鼻黒のミックス犬がいたのもあって、その時からずーっとシェパードを飼うのが夢でした。小学生の卒業文集の将来の夢は『シェパード犬を飼って、クレープ屋さんになる』でした。

残念ながらクレープ屋さんには、まだなってませんが、19歳の時に初めて家族の犬ではなく、自分だけの犬、オスのシェパード・ウルを迎えてから、わたしはシェパードの虜になりました。

だからこそ、ひとつでも減らせる病気があるのなら、シェパードを愛する全ての人が協力してもいいんじゃないかな?って単純に思います。

わたしははっきりいって、DM陽性の子を好んで迎えたくはありません。それはわたしが身近でDMの子を見ていたからです。

とにかく悲しいです。わたしは介護は自分なりに出来る限りの事をしてやりたいほうなので、どんなに大変なのか、友達の介護を見て感じました。

でもキャリアの子であれば、全く問題なく迎えます。DM発症しないからです。

誰もが同じ考えではないでしょうか?

今現在、陽性がわかってしまった場合は、とっても辛い事だと思います。わたしだって、子犬を迎える時にいままで一度も調べた事がなかったので、たまたま出なかっただけだとおもいます。

そう。DMはこういうレベルなんです。調べなければ、たまたま(偶然)なんです。

でも、繁殖する犬は陽性だって、子を残す事ができるんです!そこで終わりじゃないんです!

わたしは今の子(チビのほう)のDM検査をしました。たまたまノーマルでした。正直な気持ち、ほっとしました。

もしこの子が陽性だったとしても、繁殖者は全然悪くないし、仕方ないとおもいます。自分も子犬を迎える時に調べなかったんだし、DMについて、わたしも繁殖者に何も聞かなかったんですから。

膵外分泌不全なんかは、遺伝すると言われ、そういう子は繁殖から外すとおもうんですが、DMは陽性だって相手にノーマルの子さえ選べば繁殖できるんです!

またそうすることによって、いろんな組合わせで交配できるので、他の病気のリスクも普通に防げるとおもうんです。

DMは知ってしまえば一番簡単に避けられるけど、発症するととっても怖い病気です。


@猫二





 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

gsdlovers

Author:gsdlovers
G.シェパードのDM(変性性脊髄症)を撲滅したいと願う一般愛犬家のHP『DMゼロを目指して』の活動を紹介するブログです!

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (3)
更新履歴 (18)
遺伝疾患について (2)
スタッフのひとり言 (2)
遺伝子検査情報 (4)
DMの最新情報 (1)
セミナー (2)
お知らせ (1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

FC2Ad

Template by たけやん