DMゼロを目指して!G.シェパード

G.シェパードのDM(変性性脊髄症)を撲滅したいと願う一般愛犬家のHP『DMゼロを目指して』の活動を紹介するブログです!

日本遺伝学会の用語改訂


先日、朝日新聞のデジタルニュースにて、日本遺伝学会が誤解されやすかったり分かりにくい用語について
他の言い方に改訂するという記事がありました。

つまり、これまで「常染色体劣性遺伝」と言われていたDMは「常染色体《潜性》遺伝」と呼ばれる事になるという
事のようです。

http://www.asahi.com/articles/ASK963JY5K96PLZU001.html


リンク切れした時のために追記に原文を貼っておきます。
スポンサーサイト

海外ラボのセール情報

海外ラボですが、8/29まで遺伝子検査が安くなります!

http://www.gensoldx.com/blog/2017/08/24/gensol-celebrates-national-dog-day-with-a-sale/

↓↓↓
DM(変性性脊髄症)


遺伝子検査(血液)の流れ

先日、私たちの活動に賛同下さっているシェパ愛好家の皆さまのご協力のもと、
10頭のシェパード達の遺伝子検査を動物病院にて受けて来ました。

HPの「遺伝子検査」のページに、各検査機関を載せておりますが、
これまでは粘膜での検査方法の流れのみで、「血液による検査」の流れを記載しておりませんでしたので、
今回、写真付きで説明を追加致しました!

検査機関はケーナインラボ。
まずは、かかりつけの動物病院で、「ケーナインラボでDM検査を受けたい」旨をお話していただき、採血してもらいます。
※通常、病気の時などと同様、血液や病理検査などを外注で出すのと同じ流れだと考えていただいて良いと思います。

また、依頼する病院によって金額が変わりますのでご心配な方は先に確認をされておくことをお勧め致します。

検査を受けるにあたり、何か不明な点がありましたら、私たちでも良いですし、
直接ケーナインラボ様にお問い合わせいただいても教えてくださると思います。

今回私たちが呼びかけて検査協力してくれた10頭はヒラミ動物病院さまで採血をしていただきました。
ご協力いただきありがとうございました。

P8184898.jpg
院長先生とシェパ達!

『DM(変性性脊髄症)の遺伝子検査結果』提供のお願い

ブログの更新をしておりませんでした。
8/10にHP更新です。

この度、国内のシェパードにどのくらいの割合でDMの変異遺伝子を持つ個体が存在するのか?
統計を取る運びになりました。
つきましては、↓ 詳細をご覧いただき、是非ともご協力をお願い致します。

『DM遺伝子検査結果』提供のお願い


これからもシェパードと暮らし続けたい方はもちろんの事、シェパードをこよなく愛する皆さん
お一人お一人の力が必要だと考えております。
ご協力よろしくお願い致します。



HPプチ・リニューアルのお知らせ

DMゼロを目指してのHPをプチ・リニューアルしました!
HPのタイトルと同じコンテンツを新しく作り、そこに私たちの思いを凝縮してみました!

そして、介護のページはどんどん項目が増えてしまい、欲しい情報が瞬時に取り出しにくいということを解決しました!

一度ページを見た方も、是非、新しくなったDMゼロを目指してのHPを見てくださいね〜!

 | HOME |  古い記事へ »

文字サイズの変更

プロフィール

gsdlovers

Author:gsdlovers
G.シェパードのDM(変性性脊髄症)を撲滅したいと願う一般愛犬家のHP『DMゼロを目指して』の活動を紹介するブログです!

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (1)
更新履歴 (15)
遺伝疾患について (1)
スタッフのひとり言 (1)
遺伝子検査情報 (2)
DMの最新情報 (1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

FC2Ad

Template by たけやん